激安価格で仕入れるコツ!ネット問屋を見つけて仕入れ価格を抑えて電脳せどりで儲けよう!

問屋

今回の電脳せどりコンサルは

激安価格で仕入れるコツ!ネット問屋を見つけて仕入れ価格を抑えて電脳せどりで儲けよう!

みなさんはせどりをやっていて

「商品を仕入れていざ販売しようと思ったら
価格が下がって赤字商品に・・・」
なんて経験はありませんか?

商品はメーカー→問屋→小売店→消費者と流通していき
消費者に近づくにつれて流通コストが大きくなってしまうため

小売店で仕入れをしていると
少しの価格変動で赤字商品になってしまうリスクがあります

リスク

リスク

小売店より手前の【問屋】で商品を仕入れる事が出来れば
仕入れ価格を抑えられそうじゃないですか?

問屋から商品を仕入れるというのは
難しそうなイメージを持っている方もいるのとは思いますが・・・

今回は問屋の中でも比較的手を出しやすい
【ネット問屋】について紹介します(^^)/

それでは電脳せどりコンサル始めます!

ネット問屋とは

ネット問屋は名前の通り
ネットで仕入れる事が出来る問屋のことです

問屋

問屋

「問屋」と聞いて敷居が高いように感じる方もいるかもしれませんが

ネット問屋は商品一つの注文から大量注文まで可能なので
通常のネットショップでの仕入れに近い感覚で利用できるかと思います(^^)

仕入れ

仕入れ

問屋から商品を仕入れることで、万が一真贋調査が来ても
堂々と仕入れルートを提示することができます

代表的なネット問屋

実際にいくつかのネット問屋を紹介します

・NETSEA(ネッシー)
卸業者のショッピングモールともいえるサイトで
出店卸企業数・商品数は業界最大級です
→NETSEAホームページはコチラ←

法人・個人事業主限定で会員登録が可能で
会員登録すると販売価格が確認できるようになります

・カワダオンライン
玩具を取り扱っているネット問屋です
→カワダオンラインホームページはコチラ←

レゴなどメーカー規制の商品の請求書を取得して
出品規制の解除を狙う事も可能ですよ(^^)

こちらも法人・個人事業主限定で会員登録が可能で
会員登録すると販売価格が確認できるようになります

・卸問屋.com
雑貨・家電・PC周辺機器などを取り扱うネット問屋です
→卸問屋.comホームページはコチラ←

こちらも法人・個人事業主限定で会員登録が可能で
会員登録すると販売価格が確認できるようになります

ネット問屋は他にも多数存在するので探してみてください(^^)

ネット問屋を利用してみよう

NETSEAを例にして実際に登録してみましょう!
→NETSEAホームページはコチラ←

トップページ上部【仕入れ会員登録する】をクリックします

ID・パスワード・会社情報を入力して【確認】をクリックします
個人事業主の方は会社形態の項目で【個人事業主】を選択してください

会員規約をよく読み【上記会員・・・へ申込む】にチェックを入れ
【規約に同意して登録する】をクリックします

登録したアドレスにメールが届くので記載されたURLをクリックします

クリックしたURLから店舗情報入力画面に移動するので
必須項目を選択して【次のページへ】をクリックします

仕入れたいカテゴリにチェックを入れて【一括取引申請する】をクリックします

確認画面が出るので【取引申請する】をクリックします

取引申請が承認された卸業者の商品は価格を確認できるようになります

あとは商品を見つけて仕入れればOKです(^^)

専門用語

問屋で仕入れるにあたって聞きなれない言葉が出てくると思います
ある程度の専門用語はあらかじめ頭に入れておきましょう!

上代(じょうだい)・・・定価、希望小売価格
上限の代金なので上代と考えるとわかりやすいと思います(^^)

下代(げだい)・・・原価、仕入れ値
メーカーにとっての下代は原価
卸業者にとっての下代は仕入れ値 として認識する場合が多いです

掛け率・・・定価に対する原価・仕入れ値の割合
定価に対する原価・仕入れ値の割合を【〇掛け】と表現します
定価10000円の6掛け(10000円x60%)=原価6000円 となります

ロット・・・発注単位
最小6ロットの商品の購入は6個、12個、18個、、、となります

アソート・・・組み合わせ
カラーバリエーションがある商品をまとめて販売する場合などに使われます

バルク・・・大量、一括
「バルク品(大量入荷品)として入荷・販売する」のように使われます

口座・・・取引先登録
口座を開設する=取引可能になるということです
※銀行口座のことは【銀行口座】といいます

B to B・・・企業と企業の取引
NETSEAなどが該当します

B to C・・・企業と個人の取引
AmazonやYahoo!ショッピングなどが該当します

C to C・・・個人と個人の取引
メルカリやヤフオクなどが該当します

問屋から安く商品を仕入れる事が出来れば
安定して利益を得る事も可能になってくるので

興味のある方は試してみてください(^^)/

今回も【電脳せどりコンサルブログ】を

最後までお読み頂きありがとうございましたー!!

これからも店舗せどりや電脳せどりで役に立つ情報を

配信していきますので楽しみに待っててくださいねー!!

直接聞きたいことがある人はこちらから連絡下さい!
↓  ↓  ↓

https://lin.ee/siUBzNk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)