Amazonの長期在庫保管手数料を抑えよう!在庫管理をして電脳せどりの経費を抑える方法!

在庫

今回は

『Amazonの長期在庫保管手数料を抑えよう!在庫管理をして電脳せどりの経費を抑える方法!』

AmazonのFBAを利用している人に
かかってくる様々な手数料

手数料

手数料

今回は在庫保管手数料について解説していきます

それでは電脳せどりコンサル始めます!

長期保管在庫手数料とは

Amazonの在庫管理はしっかりできてますか?

思ってた以上に売れていない商品がFBAの倉庫に残ったりしてないですか?

そのまま放置していると請求額が思ってた以上に高くなったりしてしまいます

長期在庫保管手数料は
10cm×10cm×10cmあたりで
保管期間が365日を超えた在庫に毎月17.773円の手数料がかかります

長期在庫保管手数料

長期在庫保管手数料

FBA在庫日数が365日を超える商品はに対して
毎月15日に手数料がかかってしまうことになるので

在庫期間の長い大きな商品には
かなりの費用がかかってくるので注意しましょう

注意

注意

 

在庫確認の方法

Amazon seller centralのトップページ ⇒ 【在庫】⇒【在庫健全化ツール】をクリック

在庫健全化ツール

在庫健全化ツール

【在庫期間レポート】をクリックします

在庫期間レポート

在庫期間レポート

商品一覧画面に表示された商品で
金額が入っている商品が手数料が引かれる可能性がある商品です

この方法以外に
テキストファイルをダウンロードして確認する方法もあります

Amazon seller centralのトップページ⇒【レポート】⇒【フルフィルメント】を選択します

左側にある【表示を拡大】⇒【在庫健全性レポート】を選択します

健全性レポートの【ダウンロードのリクエスト】⇒【ダウンロード】

テキストファイルを開き文章を全てコピー

エクセルに貼り付け、フィルターをかけて確認する
という方法もあります

確認

確認

長期在庫保管手数料を抑えるには

■ 商品を返送してもらう
利益率が良く、少量でも確実に売れていくような商品は
利益額 - 返送料 = プラス であれば
一度返送してもらって再度FBA納品する方法もあります
季節品や旬でない商品などは一旦返送してもらって売れる時に再度納品しましょう

荷物

荷物

■ 在庫商品を破棄する
処分手数料がかかってしまいますが、今後売れる見込みの少ない商品は
手数料より安ければ処分してもらう方法もあります
返送料の方が安ければフリマやオークションなどの別販路で販売することも考えましょう

段ボール

段ボール

■ 最安値で売り切る
手数料を払うくらいなら、赤字・捨て値で売り切ってしまう!
回転の悪い商品はこの機会に売り切ってしまう方法もあります

セール

セール

返送と破棄には手数料がかかります
表にある費用を確認して得になる方で対応しましょう

返送と破棄

返送と破棄

長期在庫がFBA倉庫に残っている人は早めに対応しましょうね(^^)

またリアリタイムなせどりに役立つ情報を
LINE公式アカウント(旧LINE@)でも、
定期的に配信中です。

今なら、700ページ超のせどり、
転売マニュアルやその他、登録特典を
複数、無料配布中なので、是非登録してみてください。

質問などもお気軽にどうぞ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)