【電脳せどり】BIGキーワード・SMALLキーワードを上手に活用して稼ごう!

キーワード

今回は

『【電脳せどり】BIGキーワード・SMALLキーワードを上手に活用して稼ごう!』

Googleなどで検索する際に
キーワードを入力して検索します

キーワード

キーワード

商品名・型番・カテゴリー・要点などなど・・・
様々な用語・単語をキーワードにして検索しているかと思いますが

検索

検索

実はキーワード検索にはちょっとしたコツがあるんです!

今回は検索のコツとして
【BIGキーワード・SMALLキーワード】というものを紹介します(^^)/

それでは電脳せどりコンサル始めます!

BIGキーワード・SMALLキーワードとは

キーワードにはBIGキーワードSMALLキーワードというものがあります

ビッグキーワード・スモールキーワード

ビッグキーワード・スモールキーワード

BIGキーワード
検索回数や頻度が高く影響力が大きいキーワードになります

分野ごとによく検索されるワードなどで検索ワードランキング上位に入りやすく
個々を特定するよりも広範囲の内容のものが多いです

ビッグキーワード

ビッグキーワード

電脳せどりで例えると
せどり・Amazon・プレ値・新品・未開封・在庫切れ
カテゴリー(「おもちゃ」「楽器」など)・セール など
ある程度大きな範囲を示すワードがメインになるかと思います

SMALLキーワード
検索回数や頻度はそこまで高くなく
より具体的な内容や細かい部分に絞り込んだキーワードのことです

全体的な内容よりも個々の具体的な部分に絞られるので
より掘り下げた内容の検索をする際に利用されます

スモールキーワード


スモールキーワード

電脳せどりの場合はメーカー名・商品名・型番・カラーなど
それ単体で特定の商品や内容を限定することのできるワードになります

検索ではただ闇雲にワードを入れまくればいいわけではなく

この【BIGキーワード・SMALLキーワード】をうまく利用して
検索することが重要なポイントになります

ポイント

ポイント

BIGキーワード・SMALLキーワードの基本形はこんな感じですね

基本形

基本形

BIGキーワード・SMALLキーワードを上手に活用しよう

Google検索でBIGキーワード・SMALLキーワードを上手に使うコツは
[スペース]を有効に使うことです

スペース


スペース

キーワードをスペースで区切ると 
それぞれの単語を検索して引っかかった検索結果が順番で表示され

スペースで区切らない場合は「ひとつの単語」として認識・検索されます
(最近のGoogle検索は予測機能の性能が上がってきているので
スペースを入れなくても自動でキーワードを区切って検索する場合があります)

検索

検索

例えば「ベイブレードB-133」で検索した場合と
「ベイブレード B 133」で検索した場合

上の検索では「ベイブレードB-133」と一致した検索結果から上位に表示されていきますが
「ベイブレードB-133」全てが一つの単語として認識されるので

【-(ハイフン)】が入っていない「B133」で表記されているサイトなどは
検索結果に表示されない可能性があります

ない

ない

下のスペースで区切った検索方法だと
「ベイブレード」「B」「133」の3つのワードに
すべて一致したものと一部が一致したものが検索結果に表示されます

ECサイトなどに記載されている商品名は
商品名から型番までスペースが入っていない場合があるので

そのままコピペして検索すると一致項目が少なくなり
検索結果が少なくなってしまう場合があります

多くの候補を検索結果に表示させるために
単語ごとにスペースで区切って検索するようにしましょう!

スペースで区切って


スペースで区切って

上記の場合はBIGキーワードが「ベイブレード」SMALLキーワードが「B」「133」となって
より多くの検索結果を表示させることができます

長い商品名の場合は要所部分だけを残して
キーワードを一部削除してしまうのもアリですね(^^)

LEGOブロックなどはわかりやすいかと思います

LEGO

LEGO

この商品名を単語で分けると
レゴ・LEGO・クリエイター・ローラー・コースター・31084
のように分けることができます

この中から検索で引っかかりやすいワードを選んで検索すると
検索の幅を広げることができます(^^)/

レゴなどは長い商品名が付いていても
「レゴ(LEGO) 〇〇(型番)」だけで検索すると
簡単にたくさんの検索を表示させることが可能です

商品が掲載されているページを探す時は
BIGキーワード「レゴ」/SMALLキーワード「型番」

電脳せどりで利益商品として検索する場合は
BIGキーワード 「レゴ 型番」/SMALLキーワード「在庫」
のようになります

BIGキーワード・SMALLキーワードを使いこなそう

キーワード検索のコツを踏まえたうえでワード検索をしてみましょう!
最初は自分の得意なジャンルで検索してみるとやりやすいかと思います(^^)/

例えば「Amazonでコスメの商品を高利益独占販売したい!」という時は
まず「コスメ 初回限定 OFF」などで商品を探して

その検索で出てきた商品を
「〇〇(商品名) 現在お取り扱いしておりません」
「〇〇(商品名) 現在在庫切れです。 この商品の再入荷予定は立っておりません。」
などのキーワードで検索してみてヒットすれば
独占販売も見えてきますね(^^)

売る

検索ツールでは見つけにくいような商品も
キーワード検索をうまく利用すると見つけることができます

検索

検索

多くのツールはJANコードや型番で検索をかけているため

JANコードが存在しない付属商品
型番が存在しない商品
セット商品の一部  などなど・・・

こういった商品をヒットさせることができません

できません

できません

キーワード検索をうまく使いこなせるようになると
ツールに頼っているせどらーでは見つけられないような利益商品を
たくさん見つけられるかもしれませんよ(^^)/

利益

利益

BIGキーワードとSMALLキーワードをうまく活用して
自分だけの利益商品をリサーチしていきましょう(^^)/

リサーチ

リサーチ

 

最後に

最後まで、当ブログをお読み頂きありがとうございます。

これからも店舗、電脳せどりで役に立つ情報を

配信していきますので楽しみに待っててください✨

またリアリタイムなせどりに役立つ情報をLINE公式アカウント(旧LINE@)でも、定期的に配信中です。

今なら、700ページ超のせどり、転売マニュアルやその他、登録特典を複数、無料配布中なので、是非登録してみてください。

質問などもお気軽にどうぞ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://lin.ee/siUBzNk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)