面倒な電話対応をAmazonに任せよう!出品者情報を変更するだけでストレスを減らす方法!

電話

今回のせどりコンサルは

『面倒な電話対応をAmazonに任せよう!出品者情報を変更するだけでストレスを減らす方法!』

Amazonに出品している場合
ストア情報に電話番号の表示が義務付けられています!

電話

電話

クレームの電話も多いので
正直、電話に出たくない方も多いのではないでしょうか?

ない

ない

面倒な電話対応も
ひと工夫することで減らせる可能性があります(^^)

あり

あり

その方法とはどのような方法でしょうか?

?

それでは電脳せどりコンサル始めます!

電話対応は面倒・・・

Amazonに商品を出品していると
商品の購入者の方から電話がかかってくることもありますよね?

電話

電話

電話の内容は様々ですが

基本的には
『商品の返品・修理は可能か』・『購入した商品の操作方法を教えて欲しい』などなど
こちらでは対応できない内容も多いと思います

他には商品に対するクレームの電話もあります
こちら側が悪い場合には誠意ある対応をして謝罪するのは当然なのですが
クレームの電話をしてくる人の中には突拍子もない要求をしてくる方も・・・

ない

ない

正直、電話に出たくない方も多いとのではないでしょうか

ます

ます

ただ電話に出なければ
『出品者に何回も電話しているのに連絡がつかない』となって
悪い評価を付けられてしまう可能性もあります・・・

悪

中には『連絡はメールのみで承ります』
記載しているショップもありますが

電話番号も一緒に記載されているので
メールで問い合わせをするのが面倒な方は電話しちゃいますよね・・・

電話

電話

そんなときはAmazonのある部分を変更しちゃいましょう!

変更すべきところとは

Amazonで商品を購入した方はどこを見て電話をしてくるのでしょうか?

大半の方はAmazonページのストア名をクリックすると表示される
こちらの部分を見てから電話をしてくると思います

電話

電話

このページには
『〇〇〇(ストア名)は、カスタマーに対し、
最高水準のカスタマーサービスを提供することをお約束します。』
との文面が記載されているのですが

記載

記載

この文面・・・

実は変更可能なんです(^^)

出品者情報を変更する方法

出品者情報はセラーセントラルから変更することができます

セラーセントラルトップページ右上にある
[設定]⇒[情報・ポリシー]をクリック

クリック

クリック

出品者に関する情報とポリシーが表示されるので
[出品者情報]をクリックします

クリック

クリック

出品者情報が表示されるので
画面中央部にある[出品者情報の内容]を入力⇒[保存]をクリック
すると出品者情報の内容が変更されますよ(^^)

クリック

クリック

文章は簡単なもので構わないので
Amazonカスタマーサービスの電話番号を確実に記載しましょう!

例えば
『商品の発送・初期不良に関する返品などについてはAmazonカスタマーサービスセンターへお問い合わせ下さい。
お客様の注文履歴画面より返品処理が可能となっております。

Amazonカスタマーサービスセンター
フリーダイヤル
0120-993-373

フリーダイヤルがご利用いただけない場合はこちら
011-330-3000

海外の方はこちらから
81-11-330-3000 』などの文面でよいと思います

このような文面を記載しておくと直接カスタマーセンターへ
連絡してもらえる可能性が高くなるのでクレーム電話等も少なくなると思いますよ(^^)

連絡

連絡

購入者からの電話対応が少なくなるのであれば
その分の時間を有効に使えると思いますし
クレームで嫌な思いをすくことも少なくなればストレスも減りそうですよね(^^)/

ストレス

ストレス

出品者情報を変更することができることを
知らなかった方もいると思います

電話対応に時間を取られている方は
この機会に出品者情報を変更してみてもいいかもしれませんね(^^)/

最後に

今回も【せどりコンサルブログ】を

最後までお読み頂きありがとうございましたー!!

これからも店舗せどりや電脳せどりで役に立つ情報を

配信していきますので楽しみに待っててくださいねー!!

直接聞きたいことがある人はこちらから連絡下さい!
↓  ↓  ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)