Amazonで複数アカウントを開設する方法!リスクと注意点も解説!

Amazon

今回は

『Amazonで複数アカウントを開設する方法!リスクと注意点も解説!』

仕入れた商品を販売するのに必要な
【Amazonアカウント】

Amazon

Amazon

アカウントが停止・閉鎖されてしまうと
商品を販売することができなくなってしまうので

リスクを回避するためにも
複数のアカウントが欲しいという方は多いと思いますが・・・

Amazonの規約では
一人が複数のアカウントを所持することを禁止しています

禁止

禁止

考えなしにサブアカウントを開設したのが発覚したら
それこそアカウント停止になるリスクがあります

停止

停止

どうしても複数のアカウントがほしい!という方の為に
今回はAmazonで複数のアカウントを開設する方法を紹介します(^^)/

それでは電脳せどりコンサル始めます!

複数アカウントが発覚する原因

Amazonではアカウントの関連性を判断する材料として

・氏名

・住所

・電話番号

・銀行口座

・クレジットカード情報

・IPアドレス

などが監視されています

監視

監視

そのため、これらすべてにおいてメインアカウントと異なるものを用意出来れば
サブアカウントを開設することは不可能ではないです

しかし・・・

Amazonにバレないようにどうにか複数アカウントを作成して
なんらかの原因によってそれぞれのアカウントの情報が紐づいてしまった場合

メインもサブもまとめてアカウント停止になる可能性があります

停止

停止

わざわざそんな危険なことしなくても
正攻法で複数アカウントを作る方法が実はあるんです(^^)/

規約違反をせずに複数アカウントを開設する方法

Amazonのアカウントに関する規約を確認してみると

・複数アカウント禁止

・正当な理由がある場合は例外適用を申請すること

と書いてあります

規約

規約

つまり・・・

Amazonに申請して正当な理由としてOKがでたら
Amazon公認で複数アカウントを持てるということなんです(^^)/

問題ない

正当な理由の例としては

一つの会社内に複数の部署があり
それぞれの部署ごとにアカウントが必要になる 等をイメージするといいかと思います

複数アカウント開設の申請に必要なものを確認していきましょう!

複数アカウントの開設に必要なもの

複数アカウント開設するにあたって
以下のものを用意してください

・法人名
既存のアカウントに法人名が登録されている場合は
法人名の後に【部署名】を記載する必要があります

・店舗名
既存のアカウントと同じ名前であったり
一部が被っている場合は不可となります

・店舗責任者氏名
既存のアカウントと別の人にする必要があります

・電話番号
既存のアカウントとは異なる番号が必要になります
無料で取得できる050番号などを利用すると良いかと思います

・メールアドレス
既存のアカウントとは異なるアドレスが必要になります
GmailやYahoo!などは複数アドレスを作成することも可能なので
使い分けるのもいいかもしれませんね

・銀行口座
既存のアカウントと別の口座にする必要があります

・クレジットカード情報
既存のアカウントと別のカードにする必要があります

・住所
住所は特に重要な項目になります

Amazonの認識としては

住所=商品の保管場所

の為、同じ住所にしてしまうと
それぞれの商品の在庫が混ざってしまう可能性があると判断され
保管場所として認められなくなります

完全に異なる住所を登録できればベストですが
同じ住所でも階層が違えば大丈夫な場合もあります

複数アカウントをAmazonに申請しよう

必要なものが揃ったらAmazonに申請していきましょう!

Amazon

Amazon

まずは前項の情報で新規アカウントを開設します

その後Amazonに連絡して
新規アカウントが既存アカウントのサブアカウントであることを伝え
複数アカウントが必要な理由をしっかり伝えたら審査が始まります

連絡

連絡

申請から2~3営業日ほどでAmazonから返答があるので
審査に通ればめでたく複数アカウント開設です(^^)/

めでた

めでた

複数アカウント開設の際の注意点

販売する商品はアカウント毎に異なっている必要があります

商品

商品

同一商品を出品しないのはもちろんの事
カテゴリもアカウント毎に分けるようにしておき

万が一被っている内容があった場合は該当の商品の出品を取り下げて
SKUも削除するようにしましょう!

複数アカウント申請時に必要な情報が揃っていれば
審査に落ちても後日再度審査を受けることは可能ですが

再度

再度

既定の要件を満たさずに申請した場合は
アカウントが停止される可能性があります

アカウント

アカウント

詳しくはAmazonセラーセントラル内に記載があるので
申請する前にしっかり確認しておきましょう!

確認

確認

Amazon公認で複数アカウントを開設できれば
カテゴリ毎にアカウントを運営できるようになるので

アカウント一つでの運営と比較して
リスクを回避することが可能になります

回避

回避

興味がある方は是非試してみてください(^^)/

最後に

最後まで、当ブログをお読み頂きありがとうございます。

これからも店舗、電脳せどりで役に立つ情報を

配信していきますので楽しみに待っててください✨

またリアリタイムなせどりに役立つ情報をLINE公式アカウント(旧LINE@)でも、定期的に配信中です。

今なら、700ページ超のせどり、転売マニュアルやその他、登録特典を複数、無料配布中なので、是非登録してみてください。

質問などもお気軽にどうぞ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://lin.ee/siUBzNk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)